いぼの悩みを解消して健康になろう|ブツブツは抹消できる!

女の人

クリニックで治療可能

レディー

ウイルス性と老人性

いぼは、皮膚の表面にできる小さな突起物で、やや赤く腫れるものから黒ずんだものがあります。いぼの治療は、皮膚科や美容整形のクリニックで治療することができます。これについて知っておくとよい豆知識があるので、ここで解説いたします。いぼには、二つの種類があります。一つは、幅広い世代の人にできる可能性のある「ウイルス性いぼ」です。これはウイルス感染によって生じるもので、放置しておくと他の部位にもいぼが伝染するので、早期に治療することが大切となります。また、人から人への感染もあるので、自分にできたらほかの人にもそれをうつしてしまう可能性があります。もう一つは高齢者の方に生じる「老人性いぼ」です。これは、表皮の部分が膨れ、表面が黒褐色から黒色の範囲で変色するものです。表皮の膨れる部分は、細胞が異常増殖してできたものです。いぼの大きさによって治療法が異なります。小さなのものだと、電気メスや炭酸ガスレーザーといった方法で患部を蒸散させる方法があります。治療中は痛みをほとんど感じず、術後の仕上がりもきれいです。一方、大きなものだと切除によって外科的に取り除く整形手術が適用されます。取り除いた部分は、皮膚を糸で縫うことで閉じる方法が用いられます。

患者への負担が小さい

美容整形クリニックでのいぼの治療が最近人気が出ています。その理由の一つは、美容整形クリニックでは単なる治療だけにとどまらず、術後の皮膚の美しさも含めた治療を行うためです。特に、首や顔にできるいぼは見た目の印象に大きな影響を与えるので治療が必要ですが、術後の傷跡がどのようになるのか不安に感じる人も少なくありません。例えば、いぼの治療とともに、ほくろやシワ取りといったほかの美容整形を合わせて受けることができます。いぼの周辺にはシワができていることも少なくないため、いぼの治療後にシワがより目立つようになることがあります。このようなことを避けるため、美容整形クリニックでは術後のイメージ画像をシミュレーションしてくれるところがあります。このような理由で多くの人が、美容整形クリニックを利用しているのです。二つ目の理由は、治療に用いられる電気メスや炭酸ガスレーザーの患者に与える負担が小さいということです。治療時間も数分間程度と短く、皮膚を切開し縫合する外科手術を必要としないため、物理的・心理的負担が小さいのです。また、これらの治療法は高額の治療費を必要としないため、患者への経済的な負担も小さいのです。