いぼの悩みを解消して健康になろう|ブツブツは抹消できる!

女の人

肌の小さな腫瘍とは

2人の看護師

その原因とは

いつの間にか出来てしまういぼは、放っておくと増えたりします。これは、「ヒトパピローマウィルス」が原因でその種類は100種類以上もあります。ほとんどが良性のものですが、中には悪性のものもあるので気になったら診察してもらうことが大事です。ウィルスによるいぼの感染のメカニズムは詳しいことはわかっていません。ウィルスも外部から侵入したものや、もともと体にあるものが影響していぼができることが考えられます。刺激を与えたりすると増えたり家族間でもうつることがあるので注意が必要です。いぼは、体力が落ちて免疫力が下がった時にできやすくなる傾向にあります。紫外線や汚れた大気なども皮膚の抵抗力を弱める原因となりいぼができやすくなります。特に顔や首、手などに増えるのはこれらの部分が外気にさらされやすいからです。また、いぼの種類の一つに加齢によるものがあり、「脂漏性角化症」と呼ばれています。これは、中高年になるとできやすくなりますが20代でもできる人がいます。老化による皮膚組織の変化で紫外線などの影響でできやすくなります。肌の新陳代謝が衰え、メラニン色素が蓄積して皮膚が盛り上がり、それがいぼとなってあらわれるのです。

治療法とは

いぼは、ほうっておいても自然に消えてしまうものがほとんどですが、顔や首などにできた場合は目立ちやすく気になるものです。それに女性の場合は、メイクの邪魔にもなり人に与える印象もあまり良くありません。そのために治療で早く取り除いてしまいたいと考える人も多いのです。市販薬などで除去しようとする人もいますが、なかなかうまくいかないのが現状です。専門の美容外科での整形が効果的できれいに取り除くことができます。整形にはレーザー照射する方法があり出血や痛みが少ないのが特徴です。傷跡も残りにくく再発しにくいので人気の整形となっています。もう一つは、液体窒素で除去する整形方法で、低温やけどを人工的に起こしていぼを焼き切ってしまいます。いぼの原因であるウィルスが皮膚の奥に残っている場合は、繰り返して治療することもあります。そのため治療期間は、レーザー照射の場合より長くかかることもあります。しかし、保険が適用される場合が多いので費用を押さえて治療したい人に多く利用されている治療法です。いぼが大きくなりすぎるとメスを使った整形が行われることもあります。いぼは徐々に大きくなっていくので、気になったら早めに取り除くことが大切です。